HOME>感想>怖くない下肢静脈瘤の治療~早期発見なら保存療法で治る~

怖くない下肢静脈瘤の治療~早期発見なら保存療法で治る~

医師

女性は座りっぱなし、立ちっぱなしによって足がむくんでしまうことがありますが、浮腫みは放置しないようにしましょう。また、足のだるさが継続する場合は下肢静脈瘤が疑われるので早めに病院で診てもらうと良いです。

レビュー

気付いたらコブができていました

ふくらはぎに下肢静脈瘤ができて、気付いた時には血管が膨らんでコブができていました。美容師なので、おそらく毎日立ったままほとんど動かなかったことが原因です。しばらく放っておいたらだんだん大きく目立つようになって来て、足がだるく、重苦しいので病院に行くことにしました。いろいろと検査をしてもらい、エコーで静脈の状態確認したりして、結果的に注射による治療となりました。手術自体は10分くらいで終わり、後は定期的な通院でみてもらうだけとなりました。不安もありましたが、手術を受けて良かったです。徐々に足が軽くなり、仕事もしやすくなりました。進行するともっと大きな手術が必要になるそうです。もっと早めにみてもらえば良かったです。
[50代 女性]

よく足がつるようになった

足がむくみ、頻繫につるようになっていましたが、年齢のせいか太ったせいだろうと考えて放置していました。そんな時、ちょうどテレビで下肢静脈瘤の特集をやっていて、自分の症状に当てはまることが多く、気になったので受診することにしました。痛みはないので病院に行くだけで大決心でした。診ていただくと、まさに下肢静脈瘤の最初の段階。保存的治療で大丈夫だろうということで、生活をあらためて、ストッキングなどを着用することで症状が改善するだろうということでした。進行すると手術も必要になる可能性があるとのことで、早めに決断してよかったです。あの時たまたま普段見ないテレビをつけていたのは、天からのメッセージだったのかもしれません。
[40代 女性]